HOME手作りご飯メニュー初めての方へ猫ご飯のレシピ猫ご飯のシェフ紹介

猫に与えてはいけない食材

猫には食べさせない方がよい食材があります。
手作りごはんを始める前に知っておけば安心ですね♪

人間が普段食べる食材の中には、
猫には食べさせない方がよいと言われる食材、
いわゆる『NG食材』があります。

実際には、猫は食べ物の匂いや味に敏感な生き物なので、
食べ慣れないものや腐ったものをすすんで口にすることはなく、
間違って口にした場合でも吐き出すことがほとんど。
もともと有害なものを食べる動物ではありません。

とはいえ飼い主さんが注意したほうがよい食材もありますので、
以下にリストアップしました。


● 以下のものは与えないようにしましょう


ネギ類(長ネギ・玉ネギ・ニラなど)

⇒赤血球を破壊する成分が含まれる為、貧血になる可能性がある。

回避するには?
加熱しても作用するので、食べさせないほうが安心。
ただ、ネギ類でもニンニクは少量なら利用価値あり。


生のイカ・タコ・エビ・貝類

⇒ビタミンB1を分解するチアミナーゼという酵素を含むため
大量に食べるとビタミンB1欠乏を起こす可能性がある。

回避するには?
加熱すればこの酵素は活性を失うので問題ない。
消化のために、加熱してから細かく刻んで使うと安心。


加熱した鶏の骨など先のとがったもの

⇒加熱した鶏の骨は鋭い形に裂けやすいと言われるため、消化管などに刺さる可能性がある。

回避するには?
加熱した鶏の骨に限らず、刺さりそうなものは食べさせない方が安心。
骨つきのものは丁寧に取り除いてから与えること。
圧力なべ等で煮てホロホロに崩れるまで柔らかくしたものはOK。


生卵の白身

⇒ビオチン(ビタミンの一種)を分解する酵素を含む

回避するには?
加熱すればこの酵素は活性を失うので問題ない。
またビオチンは卵黄に多く含まれるので、全卵で食べれば生でも問題ない。


チョコレート

⇒神経を興奮させるテオブロミンという物質が含まれている

回避するには?
食べさせない方が安心。


ジャガイモの芽

⇒ソラニンという毒物が含まれている

回避するには?
食べさせない方が安心。
毒があって人間でも食べないようなものは、基本的に猫にも与えない方がよい。

これらは猫にわざわざ与えないようにしてくださいね。 



● おまけ


食材ではありませんが、少量口にしただけでも
命にかかわると言われているものがあります。

それは、観葉植物や薬品類。
室内におかれることの多い観葉植物、いただきものの花束など、
毒性のあるものが多いので、猫が誤って口にしないよう配慮しましょう。

また、薬品類などは猫が自ら口にすることはなくても、
何かの拍子に体にかかったりすると舐めとろうとするため危険です。
保管には十分注意するようにしましょう。


定期購入


手作り猫ご飯の定期購入ご紹介

シェフのこだわり こんな方におすすめ

シェフのこだわり こんな方におすすめ

安心な手作りの猫ご飯をお届けする猫ご飯専門店ネコロジースタイルです




決済方法

・代金引換

送料

・ 各コースの料金に含まれております。

※発送は土日祝日はお休みを頂いております。

 詳しくはこちら