HOME手作りご飯メニュー初めての方へ猫ご飯のレシピ猫ご飯のシェフ紹介

肉の加熱有無について

人間が生で食べられるものは、生で与えてもOK


あくまでうちのごはんです。
全ての猫ちゃんにあてはまることではないことを十分ご理解くださいね。

肉類を加熱するか生であたえるかは、基本的にはどちらでも構わない

と考えています。

そのうえで私はどうしているか紹介します。

肉食動物である猫のためのうちのごはんは5〜8割を肉・魚などの動物性食材が占めています。

うちで使っている食材は、鶏をベースに、豚、牛、青魚、白身魚など。
以前はネットでウサギ、カンガルー、馬肉、ラムなどを
買って与えたりもしてましたが、今はめったに与えません。

加熱するか生で与えるかですが、上記、我が家で使う動物性タンパク源(鶏、豚、牛、魚)のなかで、基本的には人間が生で食べられるものは、生で与えてもオッケー。
(刺身とか、生食用の肉とかですね)

ペット用生肉として売られているものもオッケー。
卵も全卵(黄身も白身もすべて)なら生でもオッケー。

それ以外は全て加熱しているかというとそうでもなく、

鶏、牛に関しては、買ってきてすぐだと生で与えたりします。

もしくは表面だけさっと火を通して、半生で与えたり。

魚に関しては、刺身で食べるもの以外はすべて加熱しています。

(ちなみに豚やイカやタコなどは加熱して使っています)

全て加熱したほうが安心といえば安心なのですが、生肉(半生を含む)をなぜ与えるかというと、

1  

定期購入


手作り猫ご飯の定期購入ご紹介

シェフのこだわり こんな方におすすめ

シェフのこだわり こんな方におすすめ

安心な手作りの猫ご飯をお届けする猫ご飯専門店ネコロジースタイルです




決済方法

・代金引換

送料

・ 各コースの料金に含まれております。

※発送は土日祝日はお休みを頂いております。

 詳しくはこちら